プロフィール
私の生い立ち 〜 心に太陽を持て 〜
昭和31年(1956年)2月22日
飯田市上飯田高田区(現高羽町)生まれ
飯田市職員であった父親は、1965年11月30日、
豪雨の中を同僚と水道施設の保守に出かけて、車ごと谷底に転落して殉職した。
康晴は小学校4年生、二人の妹の下はまだ4歳だった。
丸山小学校、飯田東中、飯田高校を経て、昭和49年京都大学法学部入学。
昭和54年3月大学卒業、
同年4月飯田市役所就職。
その後、母親は飯田市の臨時職員になって3人の子供を育てた。
康晴は大学を卒業後直ちに帰郷し、飯田市役所に奉職した。
保健課、税務課、企画課などを経て平成16年6月合併対策室(係長)を最後に退職。
「仕事以外の時間は全て地域奉仕活動に捧げたい」という本人の信条から、
公民館活動、地域自治活動、PTA活動に熱中した25年間であった。
東野公民館広報委員15年
高羽町東分館役員
慈光保育園保護者会会長
丸山保育園保護者会会長
丸山小学校PTA会長
丸山小学校評議員
東野の大獅子のメンバーとしてお練りの年は熱中した。
東野大獅子をはじめ飯田市の誇る「獅子舞の文化」を全国に知らしめたいという願いを持っている。
高羽町東青年会会長
高羽町東壮年会役員
東野大獅子保存会副支部長
高羽町東自治会監事
平成16年10月 市民と市役所の壁を取り払い、
市民が原点の飯田市政を実現すべく、飯田市長選に立候補した。(次点)
その後、20年余り在宅介護してきた母親を亡くした。
「康晴、皆様に恩返しをしなさい」が遺言であった。
現在
飯田市中央通り3丁目に行政書士事務所を開くとともに、地方自治の勉強会を主宰している。
家族
保育士の妻と高校生の長女、中学生の二男。
長男は音楽修行中(在京)。
恩師の励まし
父を亡くした時に、小学校の恩師毛涯章平先生(現豊丘村教育委員長)から一冊の本を贈られた。この本は先生が子供の頃、お兄さんから贈られたもので、何回も何回も読み返された先生の一番大切な古い本であった。本の名は、山本有三著「心に太陽を持て」。今度は康晴の一番大切な本となって、いまでも時々手に取ることがある。

私の決意
 私は2年前、マニフェスト「今、家族力宣言!」を掲げ、ふるさと飯田市発展のための熱い思いをもって、市長選挙に臨み、多くの市民の皆様のご支持を得て1万7千票をいただきましたが、私の不徳の致すところにより次点に終わりました。ご支持をいただきました皆様には誠に申し訳なく思っております。しかし、私や家族にとりまして、この時多くの皆様と大きな絆を結ぶことができましたことは、生涯の宝物であり、心の支えであり感謝の気持ちでいっぱいです。
 その後2年余り、この市民の皆様のあたたかいご支持とご期待にどうお応えすべきか、改めて初心に返り熟慮してまいりました。その結果、一刻も早く地方政治の中に身を置いて活動し、飯田市の発展と市民の皆様の生活と福祉の向上に努めるべきと考えました。
 さて、飯田市と県政との関わりを考えたとき、現在の議員の方々をはじめとして既に県議選へ立候補を表明されている4人の皆さんは全て各党公認の方であり、市民の皆様の半数近くを占めていると思われます、無党派層である人々の期待や希望が十分県政に繋がっていくのかと疑問を抱かざるを得ません。
 私は今、卒業してからずっと給与生活者であった立場から、サラリーマン・農業者や主婦の目線、生活者の目線から地方自治を考え、市政と県政の新しい架け橋になれないだろうかと考えています。そして、以下のような地方自治や県政を取り巻く状況に鑑み、市政と県政をしっかりと結び、県南の地が時代に遅れることなく発展できるよう、県議会議員選挙に挑戦する決意をいたしました。
 昨年夏県知事が交代しましたが、この時の飯田市民の選択は全くの互角でした。これは新しい県政に対する期待と不安が相半ばしているということであり、この声を率直に県政に反映していかなければならないと考えます。
 地方分権推進の中での県の役割、安倍内閣が力を入れ加速しそうな道州制の動きなど、市民・県民の暮らしに関わる重要な課題が山積しています。景気回復と言いながら大都市ばかりが潤い、格差が広がり、地方は切り捨てられ疲弊しています。
 さらに、県知事が続けて逮捕されるなどの不祥事が続発し、地方政治・地方行政への住民の皆さんの不信が大きくなっています。これは首長と議会が「車の両輪」として機能していないことの結果であると考えています。行政に市民・県民の声をしっかりと届け、地方政治に信義と信頼を回復していく、これは、緊急の課題であり、誠心誠意をモットーとする私の大事なつとめと考えます。
 25年間の地方行政の経験や、公民館活動やPTAなど地域活動の経験を活かし、県民が起点の県政、県民の皆さんの納得をいただける県政をめざし全力を尽くす覚悟です。
 私は、学生時代から、大好きなふるさと飯田で暮らしたい、ふるさとのお役に立ちたいと思っていましたので、都会での学生生活を終えると直ちに帰郷し、飯田市役所に就職しました。以来、25年間行政に携わるとともに、公民館活動など地域活動にも出来る限り取り組んできました。
 この経験と反省を生かし、日々一生懸命働いて、税金を納めていただいている住民の皆さんのための地方政治を実施したいと思っています。
 どんなに住みやすい環境でも、仕事がなければ始まりません。新しい時代の流れを先取りし、この地域にふさわしい産業を振興して、雇用の場を広げることに全力を尽くします。21世紀は農業の時代とも言われますが、世界の食糧事情や水不足の状況を見れば、自然環境のためにも安全保障のためにも農業が業として成り立つことが必要です。そのための仕組みづくりに取り組みます。
 私は、小学校4年生の時に事故で父を失いました。私の人生観の第一は当たり前のことですが「失われた命は二度とかえらない」ということです。小学生すら殺人事件を起こすような世の中になっています。人間はもちろん、動物や植物も含めて、「いのちの大切さ」を、次の世代に伝えなくてはなりません。豊かな自然と温かい人情の残っているこの地域こそ、日本中の他のどこよりも安心してそうした子育てのできる地域であると考えます。家庭と学校と地域が一体となって、地域の教育力を高めることをめざします。
 いま、この国の政治が為さなければならないことの第一は、国民に信頼されることだと思います。そのためには、本当のことをありのままに国民に伝えなければなりません。今までのように「税金は安くします。事業は沢山やります。」といった、つじつまの合わないことが、今日の借金大国日本をつくってしまいました。
 私たちの生活に一番身近な「地方政治」こそ、包み隠さずに、正直に、ありのままを住民の皆さんに知らせて、誰にでもわかって頂ける「わかりやすい地方政治」であることが、政治に信頼を取り戻す第一歩であると信じます。


地方自治に信義と信頼を回復しよう!
議員はまず自らがエリを正さなくてはならない。
政治を見放さないでください。住民が政治を見放せば、政治はますます悪くなります。議員の家族に対して何百万円も支払われていたという「政務調査費」や、政党支部の「政治活動費」の一部は県民の支払った税金です。税金の使途は厳しくチェックしなければなりません。情報公開と情報共有を徹底して推進し、県政報告会(年四回)、「なんでも県政意見交換会」(月一回)を開催して、行政に対して住民の声をしっかり届けます。
すべての政策は「住民福祉」の視点から!
官僚、中央主導の地方政治を住民の手に!
地方政治は、ひとえに住民のためのものです。いろいろなしがらみの無い立場で、ただただ「住民福祉」の視点から地方政治を考えます。例えば「道州制」、国から地方への権限移譲のないみせかけだけの道州制でなく、住民の生活に関わることは地方の役割として補助金を廃止し、補助金を扱っている国や地方の人件費を大きく減らすことのできる真の分権改革をめざします。
住民の総意で「信州教育」を再生しよう!
押しつけでない、地域の将来を見すえた高校改革を。
「いじめ」「不登校」などで苦しむ子供をなくし、生きる力と他人を思う心を持った子供が育つ、ぬくもりのある信州教育を再生し、地域に貢献する「人づくり」を進めて、子供たちが未来に希望のもてる、安心して子育ての出来る長野県を実現します。
住民の命をまもる地域医療を充実し、安心の介護、福祉政策を!
医師不足、病院閉鎖に対しては政治が対策しなければなりません。
子供から高齢者まで、全ての住民が安心して暮らすことのできる社会づくりをめざします。
小島康晴
小島 康晴(こじま やすはる)
【趣味】囲碁、スポーツ観戦
【好きな言葉】
「誠実」
「夢実れ 真珠の願い 青空に」
「心に太陽を持て」

昭和32年、父に抱かれて。 父親と二人きりで撮った唯一の写真である。仕事一筋の人であったが、とても子煩悩だったと母から聞かされた。


昭和40年、康晴9歳の夏休みに一家そろって駒ヶ根高原へ。家族と一緒に遊ぶことのほとんどなかった父だが、これが最後の旅行となってしまった。


悲しみの父の葬儀。 一緒に殉職した同僚との合同葬で、本当にたくさんの人が参列してくれたことを覚えている。


女手ひとつで頑張っている母親をみると、しっかり勉強をしなくてはと思った。高校入学。胸には母からのお祝いの万年筆が光っている。


大学一年、クラスメートと。この時代からすでに卒業後は、飯田へ帰って家族の面倒を見ることと、郷土で何か人の役に立つ仕事をしたいと、心に決めていた。前列中央が康晴。


昭和54年市役所に奉職。人のためになる仕事が本当に楽しく、夜遅くまで頑張ることが出来た。


【小島一家の人形】小島一家の人形は、去年の人形劇フェスタの感想文に子供が入賞。その賞品として貰ったもの。


大いなる決意をもって平成16年6月、飯田市役所退職。